FC2ブログ

TYPE-2

Welcome to a trash box

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらんぼ

808 名前:大人になった名無しさん[] 投稿日:2007/08/16(木) 00:23:42
祖母の家の庭には、小さな桜の木がありました。観賞用ではなく、身を食べるための小さな木です。
祖母は、さくらんぼが好きだと言った私のためにその木を植えてくれたようで、遊びに行く度、
『●●ちゃんの好きなさくらんぼ、来年はなるといいねぇ。
なったらおばあちゃんと●●ちゃんとで食べようね』と言っていました。
ところが、さくらんぼは何年経ってもならないのです。
最初は楽しみにしていた私も、次第にどうでもよくなってしまっていました。

その祖母が、今年亡くなりました。ちょうど桜の花の散った頃です。
私が駆けつけたとき、祖母の横には小さな箱が置いてありました。
なんだろうと思って開けると、中身はさくらんぼ。まだ青っぽい実と、小さなメモが入っていました。
『●●ちゃんの好きなさくらんぼがやっとなりました。うれしいね』と書いたメモが。

それを見て、泣きました。
青っぽいさくらんぼは、ひとつは祖母の棺桶に入れ、残りは私が食べました。
すっぱかったけど、いままででいちばんおいしいさくらんぼだったように思います。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://type2xxx.blog104.fc2.com/tb.php/11-92fcc5f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ハイネ♂

Author:ハイネ♂
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あわせて読みたい

RSSフィード
( ゚д゚)ホスィ…

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。