fc2ブログ

TYPE-2

Welcome to a trash box

お願い

447 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/06/23(火) 20:39:24 ID:YD0HhKqb0
話投下。長いです。

母が経営してる喫茶店に、毎朝朝ごはんを食べに来てくれてたおじいさん客がいた。
ある日突然ぷっつり来なくなり、近所の人でもなかったのでどうしたのか
確かめることもできなかったらしい。

数年後、高校生になった私が、学校が終わったあと店を手伝うようになったら、
時々ドアの外に立つおじいさんの姿を見るようになった。
この世の人ではないとわかったので、スルーしていた。
ある日ふと常連さんとの会話で上記のおじいさんの話が出た。
私はそんなおじいさんのことは初耳。
私がドアの外に時々立つおじいさんの特徴を言うと、そのおじいさんとぴったりだった。

数日後、閉店時間30分前に伝票整理をしていたら、あと13人で50とかのキリのいい数字だった。
でも30分で13人は難しいよな~って思っていたら、またドアの所におじいさんが立った。
私は冗談のつもりで「おじいさ~ん、あと13人お客さん連れてきてよ~」と、心の中で思ったら、
おじいさんの姿が消え、次の瞬間、ハイキング帰りの団体客が、ぴったり13人入ってきた。

その後も時々おじいさんにお願いすると、バタバタとお客さんが来た。
おじいさんは、あの店を守ってくれていたんだと思う。
お礼にモーニングセットをお供えしてました。
お店は繁盛しましたが、残念ながら阪神大震災で倒壊、閉店したので、今はもうありません。







みんなで探したちょっといい話みんなで探したちょっといい話
(2009/04)
志賀内 泰弘

商品詳細を見る
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


(;∀;)イイハナシダナ-
【2009/06/26 02:16】 URL | #- [ 編集]


統合失調症です。
【2009/06/28 23:48】 URL | 創造力有る名無しさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://type2xxx.blog104.fc2.com/tb.php/1816-105d6073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ハイネ♂

Author:ハイネ♂
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あわせて読みたい

RSSフィード
( ゚д゚)ホスィ…

ブロとも申請フォーム