TYPE-2

Welcome to a trash box

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩に何するの!

294 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2011/10/23(日) 21:39:32.73 O
この時期になると思い出す中3の時の話

当時、私は2年の一部の男子にからかわれていた
内容は髪にボンドを垂らされたり、墨をぶちまけられたりなど
本格的な受験というものに押し潰されそうになっていたせいか、あまりそれに対してどうしよう、
という考えはなかったが、周りはそうは思わなかったらしい
ある時、幼なじみでもあった仲のいい2年の女の子がリーダー格の男子が私の服をハサミで切ろうとするのを
「先輩に何するの!」
と止めた
するとその男子は女の子の首を肘で椅子の背もたれ向けて叩き落とした
おかげでその女の子は目の上、眉毛の辺りを背もたれに強打してしまった
情けないが、私はその光景に完全に精神的に参ってしまいその場に倒れてしまった
気付いたら自分ちだったが、3日は起きなかったらしい

その後の顛末は、聞いたところではその日のうちに男子の所業は彼の家に伝わった
この家がお父さんは警察官、お母さんは礼法の先生、と礼儀作法にかなり厳しい家だった
我が子のしたことに特に父親が激怒し、息子の頭を自分の手で剃刀で丸坊主にした後、
まずは私の家に家族全員でお詫びに来た
母は色々言いたかったが、「ともかくはケガをした女の子の家に行くように、うちはその後だ」
と言ったらしい
(男子の両親と懇意だったので、人柄はよく知っている。息子をそのままにしないと思っていたようだ)
女の子のお母さんは
「まぁ、子供のしたことだし。娘も元気なようだから」と言っていたらしい
(男子母が改めてうちにお詫びに来て話した)
「でも、先輩に対して礼儀は必要でしょう。うちの子よりもその先輩にあやまってほしい」
それがそのお母さんからのお叱りだったとか

それから男子たちの私に対する色々なことは収まり、私も何とか受験に耐えた
しかし卒業式の日、まだ目の上が青黒くなっていた女の子から
「先輩!守ってあげられなくてすいません」
と言われた時は泣いてしまった
私こそ守ってあげられなくてごめん、と泣いてしまった








守ってあげたい守ってあげたい
(2010/11/03)
伊藤由奈

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://type2xxx.blog104.fc2.com/tb.php/3134-d9d3886e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ハイネ♂

Author:ハイネ♂
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あわせて読みたい

RSSフィード
( ゚д゚)ホスィ…

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。