TYPE-2

Welcome to a trash box

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

436 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2011/12/15(木) 16:58:09.77 ID:5F3Lp5yO [1/2]
忘れもしない小学二年生の時の衝撃。

ある夜、自宅隣の空き家が全焼する火事になった。
幸い怪我人は無く、自宅は修理で済む程度。
翌日の給食時間、クラスではその火事話で持ちきり。
そんな中、一人の男子が
「あれは放火。空き家で、シンナー吸いながら花火して、火を着けて逃げたって兄ちゃんが言ってた」
と言い出した。

興奮冷めやらぬ兄ちゃんが家で仲間と放火した話をしていたと。
さらに現場にて呆然とした私一家を見たらしく、
「貧乏で可哀想な奴らだから、仲良くしてやれだって。だから友達になってあげる」
と言われて、衝撃(と混乱)を受けた。

それを聞いた女子が、放火したら警察につかまるんやから!泥棒!(?)
と言ったのをきっかけに、放火魔!犯人!と給食時間が修羅場となった。

442 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2011/12/15(木) 17:34:06.40 ID:5F3Lp5yO [2/2]
続きです。

子供だから「なんかそれ変じゃない?」て思いつつ、どう変か説明出来ず、
もにょもにょした怒りが沸いてきた放課後。

「悪い人を見つけたら、お巡りさんに言わなきゃだめだよ。皆で一緒に行こう」
とクラスメート達に言われ十人位で交番に言って、お巡りさんに事の顛末を告げた。

ニコニコしてたお巡りさんも段々真剣になり、わあわあ言ってる私達の話を聞いてくれた。
その甲斐があったのかどうか、数日後、犯人が捕まった。
やはりあの兄ちゃん達の不良グループだった。

ちなみにその男子は、格好いい兄ちゃんが大好き!って子だったから、始めは落ち込んでたよ。
多分素直すぎる子供だったと思う。その後は元気に生活してたよ。










放火犯が笑ってる―放火の手口と消防・警察の終わりなき戦い (イカロスMOOK)放火犯が笑ってる―放火の手口と消防・警察の終わりなき戦い (イカロスMOOK)
(2003/12)
木下 慎次

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://type2xxx.blog104.fc2.com/tb.php/3210-88e54fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ハイネ♂

Author:ハイネ♂
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あわせて読みたい

RSSフィード
( ゚д゚)ホスィ…

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。