TYPE-2

Welcome to a trash box

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学院の受験を控えていた時

16 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2012/01/12(木) 01:37:40.18 ID:/xd6x/eH
大学院の受験を控えていた時、バスの待ち時間も無駄にできなくてノート見てた。
夜中だったからまともに見えなくて、多分必死の形相だったせいだと思う。
私の横にいたおじさんが不思議そうに「何の勉強ですか?」と。
受験する学科とか、将来の夢とか、聞かれるままに答えていたら、
おじさんが乗るバスが来るのが見えた。
そしたらおじさん慌てて、「感動した!頑張ってね!」と言いながら
側にあった自販機でジュースを買い、え?え?となってる私に渡してくれた。
乗る直前にまた満面の笑みで「頑張ってね!応援してるから!」と。
見ず知らずの人に励まして貰えるということが、こんなに嬉しく、勇気をもらえるとは・・。
あの時のおじさん本当にありがとう。











世界でいちばん頑張ってる君に世界でいちばん頑張ってる君に
(2007/03/14)
HARCO

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://type2xxx.blog104.fc2.com/tb.php/3260-e87a354f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ハイネ♂

Author:ハイネ♂
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あわせて読みたい

RSSフィード
( ゚д゚)ホスィ…

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。